『時間がない人のダイエット』

2016,3,25/ 社長のつぶやき

こんにちは、フラップの小沼です。
女性が多いフラップでは、しばしば、ダイエットの話題で盛り上がります。みんなそれぞれのやり方で、健康と美(?)を求めて頑張っている様子。
もちろん、私も例外ではありません。

ダイエット、というのは、理論上はわりと単純なことだと思っています。要は、消費カロリーが摂取カロリーを上回れば痩せていくわけです(実際には、もちろん、カロリーだけでなく栄養素も考えて健康的にダイエットをしなくてはなりませんし、食べる順番や食べる内容によっても効果に違いはあるのでしょうが)。

「食べたらその分運動すればいいんだよ」とか「ジョギングしてくればいい」というアドバイスを下さる方も多くて、それはもちろんその通りなのですが、育児中のママ(特に幼児のママ)たちは、子供が家にいる間は基本的には出かけられないケースが多く、毎日1時間も2時間も運動の時間を確保するのは難しいと思います。
私はジムに通っていますが、行けてもせいぜい週の半分。しかも、ジムに入ってから出るまで1時間弱。10分間ストレッチをして、30分走って、10分でささっと汗を流します。髪の毛を洗って乾かす時間はないので、もちろん、頭は汗臭いまま帰ります(笑)。

この30分の有酸素運動で私が消費できるカロリーはわずか300kcal。
30分走れない日は、この300kcalを“余計なものを食べない”という方法で減らすことを考えました。
300kcalの食べ物とは・・・・・・たとえば、ショートケーキなら1個弱、ファーストフード店のフライドポテトSサイズやカップに入ったスナック菓子なら1個です。
「小腹がすいたからちょっとつまもう」程度で安易に300kcalを余計に摂ってしまっていることがわかり、まずこれをやめることにしました。
空腹を我慢するのはよくないので間食をするにしても、フライドポテトを食べた場合と、その半分ほどのカロリーであるおにぎりを食べた場合で、満足度が2倍になるとも思えません。
カロリーを見て、その分のカロリー消費がどれくらい大変かを思い出すと、不思議と食べる気が失せるものです。
こうやって地道に少しずつ摂取カロリーを減らすことにしました。

次に、代謝を上げる方法。本当は筋トレをして筋肉を増やして代謝を上げるのがベストだと思いますが、ジムで筋トレをする時間はないし、自分でする筋トレはツライ!
そんな私のオススメは反復温冷浴です。やや熱めのお風呂に汗が出るまで入り、そのあと冷水シャワーを浴びる。これを数回繰り返します。

もちろん、湯船に入っている時間も無駄にしません。スマホを持ち込んでニュース記事を読んだり、プライベートのメッセージの返信をしたり。ハンドマッサージでリンパを流したり、時々浴室から子供たちに話しかけて宿題の進捗をチェックすることもあります。

毎日2時間くらいジムに行って筋トレから有酸素運動までじっくりやれたらいいのに・・・と思いますが、今の私には今書いたダイエットが精一杯。
私と同じように、たくさん運動する時間はないけれど痩せたい!という人の参考になればと思っています。