『聞き流されてしまうかもしれないけれど、皆さんにお伝えしたいこと』

2016,4,15/ お知らせ, 社長のつぶやき

4月になって2週間が経ちました。
4月は、日本人にとっては新年度。お正月と並んで、気持ちを新たに、何か新しいことを始めるという方も多いと思います。

私もその一人。私がこの4月に始めたことは、自分の体をちゃんと治す、ということです。
私は逆子で40時間もかかって生まれたので、先天性筋性斜頸を患い、頭がどうしても左側に引っ張られてしまいます。それをカバーするために筋肉や骨が無理をし続けた結果、首と肩の筋肉の萎縮がひどい状態になっていました。これまでも、カイロや鍼、ヨガなどをかじりつつだましだましやってきましたが、寝ても全く疲れが取れない状態になりました。
さらに、ふと鏡にうつった自分の歩き姿を見たら、背中が丸くて、まるでおばあちゃんのよう…。恥ずかしいな、なんとかしなくては、と思っていました。

そんなある日。朝、目が覚めた時、まったく起き上がれない状態になり、このままではダメだと一大決心。ちょっと大げさでお恥ずかしいですが、30代にして寝たきりになってしまうのではとすら思ったほど。
体を最優先に、きちんと治すことにしました。

にわか治療ではなく、費用的にも所要時間的にもきちんと続けられるように考えて、専門家の方々に相談し、治療を開始しました。

私は肩が前に出過ぎていて、背中側に腕を回して、片方の手でもう片方の肘をつかむことができませんでした。でも10日ほどのストレッチでつかめるようになりました。
これが、すごく嬉しい!
不思議なことに、体が治っていくにつれて、なんとなく沈んでいた気分も明るく前向きに変わっていきました。やっぱり、朝起きたときの気分の良さが違う。「朝だ、今日も一日頑張ろう」と自然に思えるって大切なことだなと思いました。

体も快方に向かっているところで、会社もよい方向に進んでいけるように、さらに頑張っていきたいと思います。

これを読んでくださっている皆さんはきっと、仕事に家事に育児に忙しい方ばかりで、自分の体は二の次になってしまっている方も多いのではと思います。
でも、体は本当に大事です。
今まで私も多くの先輩にそう言われつつも、右から左へ聞き流してしまっていました。
やっぱり健康って失ってみて初めてその大切さに気が付くものなのかもしれません。

でも……それでもやっぱり言いたい!
健康、最優先です!!!